つれづれ母子成長記録

5歳・0歳やんちゃ坊主達のハハが、毎日を綴ります。

台風とシュタイナー(的)幼稚園の一日 ♩君をのせて

ハハです。

 

台風18号の影響で、休園になるかならないかバタバタだった朝が過ぎ、無事登園。

午前中は比較的うとうとの次男を寝かしつけ、我が家もつかの間の台風の目の中。

静かな時間を過ごしました。

てか寝ちゃった。

予定していた掃除とか何もできなかったやないかーい。

 

さて、タイトルですが。

長男の通う幼稚園は、いわゆるのびのび系の幼稚園です。

お勉強は一切なく、情操教育に力を入れている感じです。

通わせといて詳しくはないけれど、シュタイナー教育を取り入れられているのだとか。

最近だと、俳優の斎藤工さんがシュタイナー教育を受けていたとおっしゃってましたね〜

園の思想?方針?は、”小さいうちは勉強さておき、子供本来の感性を伸ばすような自由な時間を自然の中で過ごした方がいいんじゃないー!”といったものです。

いや、シュタイナー教育には、もっときっちり思想が勿論ありますよ。

ご興味のある方は、こちらをご確認くださいませ。

シュタイナー教育 - Wikipedia

 

でも、うちの園は、シュタイナーではなくシュタイナー風。ゆるめです。

もともと私もシュタイナーを目当てに長男の園を選んだ訳ではなく、見学に行った園の可愛らしさにやられたから笑。

木の校舎に森のような園庭が素敵だったんです。まるでジブリだー!

そしてそこに通う我が子も可愛いだろうなーと思って決めました。(バカ。親バカというよりバカ。)

 

彼に幼稚園での一日を尋ねると、だいたいが、虫探し・木登り・積み木……給食。

食育にも力を入れている園で、毎日作りたてのご飯が出ます。

お弁当じゃない上に、あたたかいご飯が出るなんて!そんなに料理が得意でないハハとしては、ここのポイントも高かった〜笑。

メニューは毎日一汁一菜。玄米・汁物・酢の物、とか、玄米・汁物・ひじき、とか……

献立表を初めて見たときは、戦後か!って心の中で突っ込んだけれども。

正直若干戸惑ったものの、試食してみると素材や無添加の出汁の旨みを感じる、本当に美味しいごはんでした。

こんなの毎日食べさせてもらえるなんて、逆に贅沢だよね。

家でそんなに手間暇かけたものを作れないハハは、幼稚園で食育してもらえてこれまたラッキーです。

ありがとう。お陰で、なんでも食べれる子に育っています。

 

ああ、また食の部分だけ熱く語っているような。。

 

その他、幼稚園での活動としては、シュタイナーらしく”オイリュトミー”という独自の創作ダンスのようなものや、”にじみ絵”というちょっと普通のお絵かきとは違った絵画などもやってます。

なんだか取ってつけたような説明になっちゃったけど……こちらも詳しくはWikiで!

 

そして帰宅時には、必ず、何らかの虫か、木の実をお土産にしてくれます。

ハハは虫がどうしても苦手なので、そっと近くの公園に返すけどね。

そんな教育の中で、彼の芸術的才能が爆発してくれるかはわかりませんが、

まあ毎日楽しそうにしているみたいだから、よし。

家でガミガミガミガミ言われている分、幼稚園でのびのびしてきてね!

 

君をのせて (シータとパズー)

君をのせて (シータとパズー)

  • 久石 譲
  • サウンドトラック
  • ¥250